teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Sonny Rollins Plus Four

 投稿者:珈琲パウエル 店主  投稿日:2018年 6月22日(金)20時56分26秒 ntsitm467087.sitm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
  Sonny Rollins Plus Four

とても完成度が高いアルバムだと思う。
どの演奏もロリンズとブラウンの演奏は素晴らしく、それだけではなくグループとしてのサウンドになっている。
個人的にはロリンズ作曲のPent-Up Houseが好きだ。

このアルバムはソニー・ロリンズ名義になっているが内容はブラウン・ローチ・グループ+ソニー・ロリンズと言うべきだろう。
ロリンズはハロルド・ランドの後任としてこのグループに参加した。
想像だがマックス・ローチはフロントにクリフォード・ブラウンとソニー・ロリンズという若き天才2人を置くことにより、彼の考えるハード・バップの完成を目指していたように思う。
だが、その計画は1956年6月26日のブラウンとリッチー・パウエルの突然の死により挫折してしまう。

収録曲
1. Valse Hot
2. Kiss and Run
3. I Feel a Song Coming On
4. Count Your Blessings
5. Pent-Up House

演奏者
Sonny Rollins (TS)
Clifford Brown (TP)
Richie Powell (P)
George Morrow (B)
Max Roach (DS)

Recorded March 22,1956


珈琲パウエル 店主
 
 

RE:「The Gutterの意味」

 投稿者:珈琲パウエル 店主  投稿日:2018年 6月22日(金)10時50分19秒 ntsitm467087.sitm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
  獣医さん、おはようございます。
私も以前The Gutterの意味を調べたことがあります。
曲名は日本語の「棺桶に片足突っ込む」にちょっと似ていると思ったことを思い出しました。
以前、仲間内で「棺桶に片足突っ込む」→「棺桶に両足・・・」→「棺桶に腰まで浸かる」などという下らない冗談を流行らせたことがあります。

コメントありがとうございました。


珈琲パウエル 店主
 

「The Gutter」の意味

 投稿者:獣医さん  投稿日:2018年 6月21日(木)10時57分53秒 i118-21-136-87.s30.a048.ap.plala.or.jp
  Two Feet In The Gutter....素敵なアルバムですよね.無論,私はOne Foot In The Gutterも大好きです.ところで,アルバムのタイトルにある「Gutter」という単語を私は知らなかったものですから,以前に調べて見ました.道路の溝とか,屋根のといなどの意味がありますが,theがつくとどん底の生活とか,貧民街という意味になることを知りました.奈落の底に片足・両足を突っ込んだという意味に理解しました.同時に,Jazzにはこんな楽しみ方もあると気づきました.  

Comin’Home Baby

 投稿者:珈琲パウエル 店主  投稿日:2018年 6月20日(水)22時10分34秒 ntsitm467087.sitm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
  Two Feet In The Gutter/Dave Bailey (Rec. Date:Oct.6,1961 NY)に収録されているComin’Home Babyを聴いている。
ブルース・フィーリング溢れる演奏が心地よく聴こえる。
テナーのフランク・ヘインズのソロが素晴らしい。
フランク・ヘインズのフレージングはとても魅力的だ。音色も太く65年に亡くならなければハンク・モブレーのような存在になっていたかもしれない。
ベン・タッカーとリーダーのデイヴ・ベイリーのプレイも見逃せない。これぞプロのサポートだと思う。

Comin’Home Babyは62年にベーシストのベン・タッカーが作曲したブルースで初演はハービー・マンのヴィレッジ・ゲイト盤と紹介されることがあるが、このアルバムが初演のようだ。

珈琲パウエル 店主
 

The Walker's Vol.53

 投稿者:珈琲パウエル 店主  投稿日:2018年 6月11日(月)15時29分36秒 KD111239070041.au-net.ne.jp
  The Walker's Vol.53 が入荷した。
このジャズ・マガジンは、ライター加瀬正之氏が一人で取材・編集・発行をしている。
読みやすく正確な記事が掲載されているため、初心者からベテランまで楽しめる内容になっている。
特に「ジャズに興味はあるが敷居が高い」と感じている方々への良いジャズの手引き書になると思う。
Vol.53には、サックス・プレイヤー武田真治のインタビューが掲載されている。
ジャズ・ファンの中には武田のことを「サックスも吹く芸能人」と思っている人も多いかもしれない。
加瀬氏は「サックス演奏者としての武田」を巻頭インタビューで取り上げることにより
武田をジャズ・ファンに知ってもらいたいと考えたのだと思う。
連載企画のジャズ・スーパー列伝(トゥーツ・シールマンス)、ジャズ名曲列伝、ジャズ・インタビュー(バーナード・プリティ・パーディ)、ベースマン列伝、音楽映画列伝、ジャズ喫茶列伝も読み応え充分な内容だ。

当店にて販売中。

珈琲パウエル 店主
 

お知らせ

 投稿者:珈琲パウエル 店主  投稿日:2018年 5月29日(火)14時06分1秒 KD111239057107.au-net.ne.jp
編集済
  30日(水)は貸し切りになります。

宜しくお願いいたします。


珈琲パウエル 店主
 

第46回ジャズ鑑賞会 菊池三郎追悼ライヴ

 投稿者:珈琲パウエル 店主  投稿日:2018年 5月25日(金)18時01分40秒 KD111239061018.au-net.ne.jp
  第46回ジャズ鑑賞会 菊池三郎追悼ライヴ

今日は久喜市中央公民館で菊池三郎さんの追悼ライヴを開催した。
菊地さんは店をはじめてから知り合った、大切な先輩で友人だった。
いつも店で珈琲を飲みながら、さまざまなことを語り合ったことが思い出される。
優しい目をしている方だった。
珈琲職人の端くれの私を気に入ってくれていたのかもしれない。

3月から追悼ライヴの準備を始めた。
準備を進める内に、追悼ライヴをやることの難しさを感じるようになった。

そして今日の本番を迎えた。
最初に菊池さんについて話をした。
「今日は菊池三郎さんの追悼のためのライヴです。
菊地さんは、誰にでも優しく、そして公平に接することができる素晴らしい方でした。
鑑賞会を10年以上続けることができたのは菊地さんの支えがあったからで、その事をとても感謝しています。
もう彼の堅実なウォーキング・ベースを聴くことはできません。
とても残念ですが、菊地さんが大切に思っていた鑑賞会をこれからも続けることが自分の役割だと思っています。」
ライヴは130人以上の方が来られ盛況なものになった。
客席には菊池さんゆかりの方が何人も来られていた。
その事が、とても嬉しかった。

終演後、3月の東日本大震災復興支援コンサート2018と今日の追悼ライヴで会場に飾った菊池さんの写真を一番の友人のKさんに差し上げることにした。

珈琲パウエル 店主

http://happy.ap.teacup.com/coffee-powell/188.html

 

第46回ジャズ鑑賞会準備中

 投稿者:珈琲パウエル 店主  投稿日:2018年 5月24日(木)17時00分53秒 KD111239057021.au-net.ne.jp
  【第46回ジャズ鑑賞会準備中】
最終準備中です。
明日は皆様に喜んでいただける追悼ライヴにしたいです。

珈琲パウエル 店主
#ジャズライブ #久喜

http://happy.ap.teacup.com/coffee-powell/188.html

 

第46回ジャズ鑑賞会準備中

 投稿者:珈琲パウエル 店主  投稿日:2018年 5月16日(水)07時40分54秒 ntsitm467087.sitm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
編集済
  本日5月16日(水)発行の「朝日新聞 埼玉マリオン」に鑑賞会の紹介記事が掲載されました。
ありがとうございました。

☆ジャズ鑑賞会はジャズ文化の普及を目指してH18年から続けています。

珈琲パウエル 店主
#ジャズ #ジャズライブ #久喜

http://happy.ap.teacup.com/coffee-powell/188.html

 

第46回ジャズ鑑賞会準備中

 投稿者:珈琲パウエル 店主  投稿日:2018年 5月12日(土)12時33分30秒 KD111239062083.au-net.ne.jp
  【第46回ジャズ鑑賞会準備中】
当日皆様にお配りする プログラムが出来上がりました。
準備は順調です。

珈琲パウエル 店主

#ジャズ #ジャズライブ #久喜

http://happy.ap.teacup.com/coffee-powell/188.html

 

レンタル掲示板
/105