teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


 岩手県盲ろう者友の会事務局長様

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月17日(水)06時02分42秒
返信・引用
    社協も福祉課もいつまで待っても返事は来ない。相手はたかが障害者の一人に過ぎないという訳で必要悪癒着し過ぎて切れない通訳団体を目こぼしして正義にしようと押し通すのか。見解さえ言えなくては弁解も利かない。
 そちらがあれほど親を馬鹿だと妥協しろと言って妥協したら口封じの箝口令をそのりままにしただけか。
 県庁規約の障害者個人はどんなに困っても相手にするなと言うのを福祉さえ守るだけにする。
 暴走を正義にしてかばうにはやり過ぎ。法律も通らない相手を何故同情しろというのか。責められないだけではないか。それは始めから知っています。知らなかったと言えば正義にらなると本人が言っていたのだから。
 通訳相手なのにそれも責められないのは聾唖者と一体扱いかと思っていた。結局福祉にとってボランティア団体は必要悪だという訳で切れないということですか。見解も言えず理屈も通らない訳だ。
 福祉は守ってあげたいばかりに差別も暴走も目こぼし同意容認し過ぎて来た。7年も相手にするなと言う圧力のままです。それも説明も出来ない。
 掲示板の中に入ってまでお前の親父は馬鹿なのだというのが岩手の誇るボランティアであることにしておきたいのか。ばれたら全国の笑い物であり岩手の恥さらしではないか。それも掲示板を通してとっくにばれている。抗議に脅迫電話寄越したことも相談員の密告も福祉は容認してもかばい続けている。掲示板でばらしていると口封じの意味もなくなのます。
 その掲示板を妨害だけで意見も反論も見解も来ないまま使えなくされた掲示板がかなりになっても更に増やしたこと。もうすぐ抗議して3年だというのにいつまでしがみついているのか。岩手のメンツでなく恥さらしではないか。ついでに岩手の友の会は盲ろうの全国大会で全国の人達の前で釈明したらどうです。嘘で切り抜けるしか無くなる。
 根底にある俺たちの世界とは馬鹿らしく聞こえる。それは差別とトラブルしか出ない。こちらの親を馬鹿だという人しかいないのだから。
  結論から言うと暴走通訳の目こぼしより謝罪取り消しするか、福祉が先頭に立って双方悪口辞めろとして白紙にすると釘を刺すのが公平ではないか。福祉の目こぼしをいいことに謝罪求めても逃げ回ること4ヶ月目です。責任の自覚もない。
  岩手県庁福祉課課長及び社協様経由



 
 

岩手の全通研、聾唖協会様

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月14日(日)16時00分52秒
返信・引用
   妥協しろと言って今度は抹殺を計るのか。息のかかった掲示板は妨害できてもかなり越えている。箝口令を掛けたのが知事でも県庁規約でも構わない。その矛盾な話は跳ね返る。
 一般や他県の人は納得しない、岩手の誇るボランティアとして暴走も目こぼし正義にして貰っている。それは福祉にとっては必要悪だとして切れないからではないか。
 大体聾唖者をかばうのに知らなかったことにしてやるとか、その通りだとしか言えないのか。大半は大学卒なのにこの程度しか思いつかないのか。そんな事してはいけないとか、一緒に考える事をしないと繰り返され、分別が判らなくなる。こちらも聾唖者です。聾唖協会を気にしておだて過ぎている。
 妥協しても1ヶ月半。説明一つ来ていない。説明より口封じからあいつは聾唖者の敵だと勝手に言っていることだろう。誰とも関われないのは嫌われ者だからでなくそう仕向けられたことだ。
 通訳さえ独占支配して何も約束するなと来る。実際そう言う人は断っている。
 聾唖者に法律は通らなくても通訳は別のはず。謝罪は逃げ回り4ヶ月目。意見も反論も見解も一つも来なく来たのは妨害だけ。この上口封じの抹殺を計るのか。
 妻が病気でも福祉も社協も知らん顔。
 知らなかったと言えば許される相手にどうして同情が必要なんです。 責められないだけではないか。まして親を馬鹿という話と引き替えだ。岩手の通訳や聾唖者達はみんな平気で親を馬鹿だと言い切れるのですか。そしてそれを妥協しても尚抹殺か。抹殺指令は県会長から出ていた。どういう理屈なんです。
  通訳に規制が行かない限り変わりそうもない。来月で3年目です。このまま掲示板に訴えます。打開する気があったら訪ねたらどうか。
 

地元一関社協様へ妥協しても圧力のまま

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月13日(土)14時50分3秒
返信・引用
   聾学校を出た人は殆どが約束も詫びることも出来ない。猜疑心から自己保身が正義の始まりになり通訳は過剰でもかばうことが正義とされる。福祉は知らん顔しかしない。これではトラブルはこちらだけ馬鹿を見てしまう。
 約束守るより逃げて悪口流し正義に仕立てた。それを岩手県盲ろう者友の会事務局長がその通りだと言い親を馬鹿なのだ妥協しろと言う。
 馬鹿らしくて友の会を退会したら圧力と宗教の押しつけ。社会参加も妨害。福祉は裏で容認同意していて知らん顔。
 抗議しても来たのは友の会事務局長の奥さんからの脅迫電話だけ。 福祉は反対らに妥協したらと言う。
 福祉が公平になって暴走した通訳に謝罪取り消し求めたが逃げ回る事4ヶ月目。
 妻が緊急手術でこれ以上孤立はすべきでないとやむなく妥協宣言しました。ところが相手にするなという口封じはそのまま箝口令が敷かれた。盲ろうの全国協会も反対に全国の友の会に相手にするなと号令掛けられ全国的完全孤立にされた。専門の教育関係者は問い合わせすると裁判に掛けなきゃ判らないという無責任な返事一つだけ。いつの間にかこちらが悪に仕立てられ全国的完全孤立にされた。
 掲示板で告発しか無く感情的にも成り迷惑も掛けました。掲示板に来たのは意見でも反論でも見解でもなく妨害だけ。
 箝口令は地元も福祉課にも社協にも来て相手にするなと続いています。退会から丸7年です。通訳も聾唖者も誰とも付き合えない。トラブル相手は県の会長になり口封じ抹殺指令を出されていた。
  自己保身がそのまま正義にされたことになる。
 通訳と聾唖者は一体の扱いでどっちが暴走しても責められずそのまま正義にされている。妥協して2ヶ月目に入ってもこれではどうしろというのですか。
 福祉も社協も問い合わせも知らん顔している。これを正義と解釈するのですか。地元の社協が知らん顔は上からの箝口令ですか。意見さえ言えないのですか。


 

  いつまで続ける暴走目こぼしの箝口令

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月11日(木)21時06分52秒
返信・引用
   初めから個人間は関われないと言えば理屈も通る。けれど団体の好き勝手を容認して知らん顔抹殺を計っていたことの事実は消えない。初めは団体に楯突く個人の扱いしていた。知らん顔は容認の意味になる。
 人の親を馬鹿にして会長が出所と判って取り消すより正義にされ一人残らず口封じという差別も容認していた。県庁規約のおかしな事も団体の勝手を容認している事になり説明不能になる。課長の雲隠れも説明できますか。
 これらを少しも折れないのは上からの箝口令でしょう。障害者のたかが一人の扱いしている。
 やっと公平になった所で相手は逃げ回ること4ヶ月目になる。 これ以上孤立すべきでないといわれ親をを馬鹿というのは妥協宣言しても尚口封じはそのままだと確かめています。
 妻が病気でも福祉も社協も地元の福祉課も相手にしないのですか。団体優先にして無視している。
 何故どっちも悪口辞めろとさえ言えないのですか。
 親父は地元の観光に名を上げているのに地元の福祉課にあの人は馬鹿なのだと言っても暴走をかばうのですか。前課長は親を馬鹿だと妥協したらと言っていた。そして妥協したら知らん顔で箝口令を出すのすか。
 箝口令が出たとしても掲示板は全通研は息のかかった所を妨害したがそれでもかなりがあります。意見も反論も見解もないまま妨害だけです。一般の人や他県の人は納得しますか。騒ぎになる。大半は福祉、ボランティア関係です。箝口令が誰にしろ跳ね返ってしまいます。こっちを犯罪者に仕立てるしかなくなる。どういう理由にしますか。
 好い加減に双方悪口辞めろと言えないのですか。7年も口封じのままで誰とも付き合えない。
 聾唖者のかはい方くらい覚えたらどうです。その通りだとか、知らなかったことにしてやるとしか言えないのですか
 妻が病気でも地元の社協や福祉課に関わるなというのですか。
 掲示板の中に入ってお前の親父は馬鹿なのだという人を岩手の誇る通訳として必死でかばうのですか。相談員の太鼓持ちばかりか福祉の癒着も度ガ過ぎる。
 受信拒否してまで知らん顔で手紙にしました。来月で抗議は満3年です。いい加減返事ください。
  岩手県庁福祉課課長様


 

 箝口令は誰が出したのか

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月 9日(火)22時25分49秒
返信・引用
   自分は盲ろう者で、盲ろう関係の掲示板2つと専門教育者への質問も裁判に掛けなきゃ判らないという無責任な返事一回切りで切られている。
 要するに聾唖者相手のトラブルは通訳も一体の扱いでどっちが暴走しても責めることは出来ない。それが法律でも説明不能は始めから障害者個人は相手にするなと箝口令が入っている様子。
 福祉も社協も全国協会も教育の専門家も共通して相手にするなとなっている。そして地元の福祉課にも圧力が行く。掲示板で非難していたらついに受信拒否された。
 聾唖者が約束守れず逃げて悪口流しそれが正義扱いされ詫びもしない。通訳はそれをその通りだ。お前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言いだした。馬鹿にらしくて退会した。親父と口利いたこともない自己保身の口から出任せ。
 退会した後は圧力。宗教の押しつけも社会参加妨害も福祉が裏にいた。宗教の押しつけは容認され相談員は密告も市、おとがめ無し。更に抗議しても来たのは友の会事務局長の奥さんからの脅迫電話だけ。 福祉は何一つ触れず知らん顔している。
 それは今年で7年目になる。誰一人とも付き合えない口封じの圧力だ。妻が手術でこれ以上孤立すべきでないと言われて親を馬鹿だと妥協宣言した。
 それでも口封じの抹殺指令はトラブル相手の会長の口からそのままで出ていた。確かめたこと。
 福祉がやっと公平になって暴走した通訳岩手県盲ろう者友の会事務局長を謝罪取り消し求めたガに逃げ回り3ヶ月。親が馬鹿とは会長が出所で正義に仕立てられた。
 更に妥協しても口封じはそのままにされている。上からの箝口令は団体優先にして障害者個人はたかが扱いで相手にするなとなっている。
 県庁に抗議に行くと課長は雲隠れの繰り返し。相談所は余所へ頼めと言う。県庁規約は障害者個人はどんなに困っても相手にするなとなっている。上からの箝口令指令は大臣なのか。
 妥協しても勝ち誇ったような圧力として口封じはそのままにされ、これでは障害者として受けられる権利は何も受けられない。
 勝ち誇った圧力は掲示板の妨害だけで意見も反論も見解も来ない。
 暴走した通訳は掲示板の中に入ってお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが岩手の誇るボランティアとして福祉は必死でかばうしかしない。この上圧力は福祉の容認で差別として来る。福祉は双方悪口辞めろとさえ言えないのか。箝口令は障害者個人は無視して団体を取れという上からの指令だと言うことになる。


 

Re: 歪率測定

 投稿者:淵野辺  投稿日:2009年 8月21日(金)23時13分0秒
返信・引用
  > No.206[元記事へ]

fumfum_nuさん、どうもありがとうございます。

ちょっと調べてみました。
教えてくださったノッチフィルタでの基本波除去に加えて、色々と方法があるんですね。

・ハイパスフィルタにより高調波を分離する方法
・入力と出力を逆相になるよう反転して減算する方法
いずれも小信号時にTHDを見積もる際はノイズと高調波の分離が問題・・・等々

自分には今のところ、半導体式のアンプの歪率については意味のある精度で測定するのは無理みたいです。
聴感上どのくらい意味があるものなのか確かめたい気満々なのではありますが・・


どうもありがとうございました。
 

歪率測定

 投稿者:fumfum_nu  投稿日:2009年 8月21日(金)17時51分0秒
返信・引用 編集済
  基本的な方法としては、被測定アンプで歪んだ信号から入力信号の周波数をノッチフィルタで除去したあと、歪まないアンプで増幅すれば歪み成分を拡大して見ることが出来ます。
PCのFFTでも相対値としては-120dBの高調波歪みを見て取ることは十分可能だと思いますが、実用的な測定系を構築するのは簡単ではないと想像できます…
 

Re: 未知

 投稿者:淵野辺  投稿日:2009年 8月21日(金)01時21分57秒
返信・引用
  > No.204[元記事へ]

fumfum_nuさん、こんばんは。

これは素敵サイトです。
作って測定して公開する方は尊敬するばかりであります。

自分も歪み率をちゃんと測って見たいのですが、
このサイトのように0.0001%(-120dB!)で測定するのってどうするんでしょうかね・・・
(スピーカーやヘッドホンとは桁違いな精度であり、やっぱり簡易なPCでの測定では難しそうな感じがしますがどうなのでしょうか。)
 

Re:未知

 投稿者:fumfum_nu  投稿日:2009年 8月18日(火)21時28分36秒
返信・引用
  アンプの音質を"歪み"という一点において考えるなら、この方の見解に賛同したいです。
http://www.geocities.jp/mutsu562000/root/amps2/htm/hp3694.htm
 

Re: 未知なるもの

 投稿者:淵野辺  投稿日:2009年 8月10日(月)19時38分16秒
返信・引用 編集済
  > No.201[元記事へ]

にけ@横浜さん、こんばんは。

> 明らかにそういうのと違うレベルで音が変わっているのに、特性に出ない。

(3)も(4)もなかなか面白いかもしれませんよ。

(3)については、モノの例えにすぎないのですが、
たとえば視覚については物理的には完璧に滑らかなグラデーションを成していても、人間の知覚では「マッハバンド」を見ちゃったりします。(わざわざ誤差拡散やガウシアンフィルタをかけたりしなければならなくて面倒ではありますが、比較的研究されているマッハバンドですら「それなりに有効な手法」はありますが、完全なものはないですよね。・・・いや、自分が知らないだけかもしれないですが)

また、人間固有の認知の仕組みとして、やたらにエッジやコントラストに注意がいってしまうといったこともあったりしますよね。

これと似たように聴覚でも、認知の仕組みが分かってないのでどんな場合にどんな方法がベストなのか良く分からん、といったことがあるのではないかと思った次第です。

一方(4)は、これはもう少し高次の認知のバイアスもあって、よく言われるのは「値札」(嗜好品は高い値段をつけた方が売れることがある)だとか、「前評判」だとかですね。個人的には自分も含めて結構こっちのバイアスの方が効いてそうな気が・・・ゴニョゴニョ。


> 個人的には、大信号時のリニアリティ、
> ダンピングファクター的なもの(例えばスルーレートや、ステップ応答時の波形の解析)、
> 二つ以上の周波数を加算して、アンプった後の特性(アンプの特性で、スペクトラムに変化が出ないか)
> とか、色々考えてしまいます。
>
> なんか、画期的な測定法って、ないでしょうかねぇ

わかりませんね・・・正直自分アンプはド素人ですので。
ただ、上記の測定はオシロスコープやらファンクションジェネレータでそれなりの精度で測定出来ると思うのです。
ですので自分としては、「隠されたパラメータ」が存在するというよりは、認知の仕組みに謎が多すぎるように思うんです。


・・・・そのほかの大きな問題(?)としては、現在の2chステレオ装置で作られた音は完全な3次元空間の情報があるわけも、完全な音波の圧力分布を再現できるわけもなく、かなり人工的に切り取られて加工されたものであって(ステレオ写真画像の立体感ように)相当程度人間の錯覚に頼っているのではないかと思うんです。
となると、そのような人工的な音に対するリアリティってのは、結局は物理量との相関というよりは人間の認知の仕組み次第だなあ、とも思ってしまうのです。(なんか適当ですみませんが・・・)

やっぱり全然考えがまとまりませんが、自分は大まかにこんな風に思ってます。

では
 

レンタル掲示板
/25